ショパンが愛したプレイエル・ピアノ
今、蘇る19世紀の響き ~150年の時を超えて~

 松藤音楽院【ミュージックサロン】ではプレイエル・ピアノを使用してサロンコンサートを開催しています。
    日本に数台しかない貴重なピアノで19世紀のヨーロッパにタイムスリップ!!


               

プレイエルPLEYEL

写真

プレイエル・ピアノは、指先にしんみりとした感情や思いを伝えることができるのです
          【フレデリック・ショパン】

ショパンが生涯愛し続けたプレイエル・ピアノ
ここにあるのは、ショパンの死後13年、1862年に製作のピアノで
ショパンの時代の
プレイエル・ピアノと同じ基本仕様になっています

【特徴】タッチが軽く、優雅な音色で、人の声のようにあたたかな中音、
いぶし銀のような高音、やわらかな低音と、音域の特色があります。

【タッチの秘密】シングル・アクションと呼ばれる打弦機構により、指で鍵盤を押すと、弦を打つハンマーに直接的に敏感に作用します。

【音色の秘密】楽器全体が木で作られていて、ヴァイオリンと同じようにボディが共鳴するように最大の工夫が
なされています。現代のピアノが音量を優先して弦の張力を増し、金属を多用して複雑な音色になったのに比べ、
木質の純粋な響きです。

【今、なぜこの響きか】奏でると、19世紀前半のヨーロッパ文化の香りを体感できます。

【このピアノの意義】このような歴史的なピアノは学術的に貴重で、本来は博物館に展示されるものですが、   ピアノ修復家・山本宣夫氏の手によって当時の響きが蘇り、演奏できる状態になりました。

修 復

2010年9月にこのプレイエルを購入、修復は歴史的ピアノの世界的な修復家、
山本宣夫氏 の工房で2011年6月より始められ、2012年2月26日にミュジーック
サロンに戻ってきました。
修復により響きの命である共鳴板が復活、1862年製作当時の理想的な音と
タッチが蘇りました。「楽器の発展と作曲家の創作には密接な関連性がある」と 語る山本氏の言葉には、匠(たくみ)技の重みがあります。

 山本宣夫氏 2012.2.26


ショパンの部屋にはプレイエル・ピアノがロウソクの光に映し出されていた
ショパンは少しヴェールのかかった、銀のような音のこのピアノを愛した
                          【フランツ・リスト】

       

プレイエル 栄光の記録

鍵盤のふたを開けると、中央のプレートにプレイエル社の社名《Ignace PLEYEL&Companie Paris》、その周囲に栄光の記録が刻まれています。
《Medailles d'Or en 1827,34,39,44》1827,34,39,44の博覧会で金メダル受賞
《Hors de Concours en 1849》1849年の展覧会で大変優秀な無審査の栄誉
《Medaille d'Honneur Exposition Universelle de 1855》1855(第1回パリ)万国博覧会名誉メダル受賞


データ [MATSUFUJIミュージック・サロン所蔵 プレイエル・ピアノ]

品名
プレイエル社(パリ)1862年製 グランドピアノモデルNo.3 製造番号33727 
外装
ローズウッド材 フレンチポリッシュ仕上げ
鍵盤
85鍵(7オクターブ)  白鍵/象牙(ぞうげ)  黒鍵/黒檀(こくたん) 
打弦機構
シングルアクション
大きさ
全長/2m18cm  幅/1m38cm  高さ/ 95cm

プレイエルの情報 


プレイエルのアップライト・ピアノ、
ルノワールの絵画「ピアノを弾く少女」に登場する、
レトロな燭台付のピアノ「ロマンチカ」が下記の場所にあります。

カフェ西洋館  福岡県糸島市二丈松国102  tel 092-325-2345

                 

築180年の古民家にプレイエル・ピアノ

19世紀の文化の香りを伝えるプレイエルの音。
ショパンはプレイエルのアップライト・ピアノも愛しました。
パリのショパンの部屋には、グランドとアップライトのピアノが
1台ずつあり、レッスンでは生徒にグランドを弾かせ、ショパンは
アップライトを弾いたそうです。
ショパンがマジョルカ島で「雨だれのプレリュード」を作曲したのも、
友人プレイエルが送ったアップライト・ピアノによってでした。
180年の古民家と不思議にぴったり合う、このピアノを弾いて、
ショパンやドビュッシーなどの曲で、柔らかで鈴のような
プレイエルの音の魅力を紹介しています。

  

Prélude秋のプレイエル

10月27日(木)13:30
10月29日(土)17:30

  
 西洋館ホール



これまで開催したコンサート
2014.1129  松藤弘之プレイエルを弾く
2013.10.31 プレイエル、古典の響き
    11.2 プレイエル、古典の響き
2012.11.17  秋月(しゅうげつ)のプレイエル  
2012. 5. 27 緑風、プレイエル~松藤弘之とともに
2011.10.29 プレイエル 秋風に歌う
2011. 3.19  プレイエル 春の調べ~松藤弘之とともに
2010.11.27 プレイエルはショパンの風をはこぶ


ショパンとプレイエルについて更に詳しく知りたい方


松藤弘之『ショパンのピアノ技法から見たショパン・練習曲集(1)~(5)』

  (1) <ショパンのピアノ技法の考え方><プレイエル・ピアノとショパン>
  (2) <ピアノ製作の歴史とプレイエル・ピアノ><歴史的なピアノの調査>
  (3) <ショパンの自作自演><指使いの問題>
  (4) <19世紀の音楽事情とロマン主義><ショパンが意図したもの~J.S.バッハ、モーツアルトの影響/時代の流行/
         ベル・カントの魅力/ポーランドの精神>
  (5)<プレイエル・グランドピアノ(製造番号33727)について><プレイエルのメカニズムと音色>
      <ペダリングの問題>

   ◎ [オープンアクセス] または [プレビュー]をクリックしてください






ナビゲーション

 CD好評発売中

     松藤弘之

   哀愁のプレイエル

~プレイエルはショパンの風をはこぶ
 
試聴はこちらから

 

収録曲 
1 プレリュード ハ長調BWV846J.S.バッハ
2 バラード 第1番ト短調op.23 ショパン
3 ワルツ 嬰ハ短調op.64-2 ショパン
4 ワルツ ホ短調 遺作 ショパン
5 ノクターン 変ホ長調 op.9-2 ショパン
6 ノクターン ロ長調 op.32-1 ショパン
7 エチュード 変ホ長調 op.10-11ショパン
8 エチュード 嬰ハ短調 op.10-4ショパン
9 エチュード 嬰ハ短調 op.25-7 ショパン
10 エチュード イ短調 op.25-11「木枯らし」
             ショパン
11 ポロネーズ ハ短調 op.40-2 ショパン
12 ノクターン 嬰ハ短調 遺作 ショパン
13 ピアノソナタ 嬰ハ短調op.27-2「月光」
  
     第1楽章 ベートーヴェン
14白鳥の湖 チャイコフスキー 編曲 松藤由里
15エリーゼのために ~いとしいわが子~
      ベートーヴェン 作詞 神咲 禮

ビルダークリニック